不動産の売買はダーウィンへ、住まいのご購入、売却、税金のご相談など

TOP > お買換えINDEX > お買換えINDEX

買替えは売却と購入が同時に行えるのが理想ですが、売却のタイミングや売買条件、様々な手続きなどでなかなか難しいもの。そこで、売却・購入を同一業者に依頼することは有効手段であるといえます。

本来は同時に行えることが理想ですが、今までの住まいがすぐ売却できても、理想通りの新居が見つからなかったり、住み替えしたい住宅が先に見つかってもご自宅がすぐ売れなかったりと、なかなかむずかしいものです。
そこで買替えは、売却が先か悩んでしまいます。『自宅売却先行型』と『購入物件先行型』いずれも一長一短があり、どちらが良いと言えません。あくまで個々のお客様の状況によって選択は変わってきます。

 
デメリット
売却先行型

・売却後早期に購入先が見つからない場合、仮住まいの必要が生じ、その際には引越が2度手間となり、仮住まい費用が発生する

・希望条件が決まらないまま自宅を売却する不安がある


購入先行型

・購入物件の決済日に合わせた自宅売却となるので、売却先行型に比べ、価格見直しに余裕がない。また、ご自宅の売却が遅れた場合、購入物件と売却物件のローン返済を二重にする場合もあり、資金計画に余裕が必要

・売却先行型よりも自宅売却までの精神的なプレッシャーが大きく、早期売却を目指すため、売却価格が低めとなる可能性

 
買替え成功のポイント

・売却契約の引渡期日を出来るだけ長く設定しておく

・自宅売却が決まったら、購入先探しに専念し、できるだけ仮住まいをさける

・高い金額で売り出すよりも、買い換えるメリットを優先

・チャンスを逃さない。購入希望者が現れたときが最大のチャンス

・売却価格の調整には躊躇せず、市場に敏感に反応すること

・購入の契約締結から引渡までの期日に余裕のある物件を選ぶ




 
 
 
売却先行型
自宅の値下がりが大きく売却損が発生するとか、定年などの諸事情から、少しでも先々の負担を軽減したいなど、資金面での安全性に重点を置かれる方には、『売却先行型』をお勧めします。

購入先行型
資金面よりも、通勤、通学など、現在の生活エリアや要望する物件にこだわりのある方には、良い物件を見つけたら積極的に行動を起こすつもりで、『購入先行型』を選択されるのが、宜しいのではないでしょうか?

つぼを押さえ、綿密な計画を立てて臨めば、どちらを選択されても心配はありません。

双方のメリットやリスクを理解し、自分に最適な方法を選ぶことにより、リスクを最低限に抑え最大限のメリットを得ることも出来るのです。

お客様にとってどちらの選択が良いか、ダーウィンなら全国ネットを駆使した地域密着の豊富な情報、最新のデータ、いち早い市場動向の把握などにより、独自の様々な研修を経験したスタッフが、お客様にふさわしい買替えをお手伝い致します。

時代や市場の流れを見据えて最もお客様に合った方法をトータルに提案する - これが私たちダーウィンの仕事です。