不動産の売買はダーウィンへ、住まいのご購入、売却、税金のご相談など

TOP > ダブル査定
転勤など、いつか戻る可能性がある方
急いでの売却は考えていないが、売却・賃貸どちらが得か見極めたい方
賃貸した場合、売却した場合に想定されるメリットやデメリットに関するアドバイスを受けたい方
転勤から戻った際の御自宅の資産の目減りが心配な方
今、売った場合の賃貸と売却の諸条件を知りたい方
ダブル査定は実際に物件の諸条件や状況をお聞かせいただくことが前提となりますことをご了承ください。



詳細な項目を含め、お客様の状況に合わせたシミュレートを行い、最適なプランを検討、アドバイスいたします。

売却した場合の収支項目

収入項目
・売却代金
支出項目
・収入印紙 ・仲介手数料
・抵当権抹消等登記費用
・所得税(※譲渡益が出た場合)

賃貸にした場合の収支項目
収入項目
 ・賃料 ・敷金/礼金 ・更新料
支出項目
 ・退去時修繕費 
 ・仲介手数料 ・管理手数料
 ・管理費/修繕積立金
  (※マンションの場合)
 ・固定資産税/都市計画税
 
売却時のメリット・デメリット

メリット
 ・家族構成の変化や、間取りの変更等、ライフ
  プランを見直し、次の購入が可能になる。
 ・売却額を確定できるため、将来の資産価値の
  下落リスクを回避できる。
 ・売却時に買替え売却損が発生した場合、
  条件を満たせば税金面での優遇措置がある。
 ・売却資金で買換えし、条件を満たせば
  住宅ローン減税等の税額控除が受けられる。
 ・売却益が出た場合も、一定条件を満たせば
  税金面の優遇措置が受けられる。

×デメリット
 ・相場が上昇局面の際は損をする場合も。
 ・住宅ローンの残債額によっては、
  自己資金の充当が必要な場合がある。
 ・買換えの場合、一時的に仮住まいが必要に
  なる場合も。
賃貸のメリット・デメリット

メリット
 ・住み慣れた住まいに戻ることもできる。
 ・住宅ローン等がなければ定期収入になる

×デメリット
 ・管理費/修繕積立金/固定資産税等の
  経費が必要になる。
 ・毎年確定申告が必要になる。
 ・空室/賃料滞納があった場合、その間は
  賃料収入がなくなる。
 ・賃借人の入替時にルームクリーニングや状況
  によってリフォーム費用がかかることも。 
 ・賃借人の傾向として自分の持家に比べ、
  扱いが乱暴なケースもある。
 ・賃貸契約期間中に売却が必要になった場合は
  賃借人が居住のままの売却(オーナーチェン
  ジ)になり、成約価格が低めになる可能性も


査定エリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県エリア とさせていただいております。
● 簡単操作で、不動産の無料査定が行えます。
  お気軽にどうぞ!
※査定依頼後、3日以内にご連絡が無い場合は、ご連絡下さい。
TEL : 0120-00-7771(フリーダイヤル) 携帯電話からは:03-5565-7771